リーズナブルな挙式

最近ではご祝儀を受け取って後払いで式費用を支払えるタイプの結婚式場や、一般的な費用よりもリーズナブルに式が行える結婚式場も増えています。このような式場を選ぶことで貯金が少なくても式を挙げられることがあります。ご祝儀による後払いの式を考える場合には、招待客に応じてご祝儀の概算を出しその範囲内で式を行えるよう準備を進めるので、多くの場合が式の費用をご祝儀でまかないきることができます。

これらのリーズナブルな式ができる場合には、やはりその安さから不安が出てくるものです。しかし、リーズナブルな式場だからといってサービスや演出が少ないということでは決してありません。徹底的なコストカットやマージンのカットによって式費用を抑えているので、式の演出や食事は一般的な式と遜色ないですから不安になる必要はありません。

また、最近はオリジナリティのある式を希望するカップルも増えており、レストランウエディングやガーデンウエディングといったカジュアルなタイプの結婚式を行う人たちも増えています。

他にもリゾートウエディングで親族のみで行うケースもあり、これらの結婚式であれば費用を抑えつつなおかつ他の人とは違うオリジナリティのある式ができるとして人気を集めています。

結婚式費用の節約方法

結婚式費用は高いとずっと思われてきましたし、式場の提示する費用やプランは変えられないものだと思われてきました。しかし、最近では持ち込みをすることができる式場が増えており、式場の用意するものではなく自分たちで用意することができることで式の費用が抑えられることが増えています。また、昨今のハンドメイドブームの影響もあり、この傾向は年々強まっています。

式場で用意されるペーパーアイテムを自分たちで作成するだけで大幅に式の費用を抑えることができます。ペーパーアイテムはその種類が多く、席次表や席札、メニュー、プロフィール、招待状とあります。これらのすべてを自分たちで作成することが難しかったとしても一部を作成するだけでもコストカットができます。特に男性の方がパソコンに強い人が多いので、新郎に仕事を依頼することもできます。新郎が式の準備に参加することができることで、二人で式の準備をしたという一体感も嬉しいものです。

宛名書きも自分たちで行うのが大変な場合には地元の老人クラブやボランティアで宛名書きをしてくれる人たちに依頼する方法もあります。好みのタイプの文字を選ぶこともできますから、字に自信のない人はぜひ利用したいサービスです。

結婚式場費用は高い。

結婚式をしようと思っても、お金がなくてできなかったというエピソードを聞いたことがあるという人も多いものです。結婚式というのは平均として350万円かかると言われており、結婚のタイミングではこれと別にさらに新生活を始めるための新居の準備費用も必要です。そのあとの妊娠や出産のことも考えると結婚式にはお金がかけられないと考えて諦めるという人たちもいるものです。結婚式はお金が貯まったら、と考える人たちもいますが、いざ結婚してからもお金は様々なところでかかってきますし、子供が生まれたら子育てが始まりなかなか式を行うような時間が取れないことも多いです。

そこで、やはり結婚のタイミングで結婚式をしておくことが望ましいものです。最近は結婚式場側も様々なサービスを打ち出しており、今までよりも結婚式はリーズナブルになりましたし挙げやすくなっています。格安で結婚式があげられる式場もありますし、親族のみでアットホームな結婚式をあげたり、式場ではなくレストランのような場所で行ったりと様々な新しいタイプの結婚式も行われています。そのため、お金がないからと誰もが諦めなければならないものではなく、アイデア次第ではどのような状態でも結婚式はあげられるようになってきています。

そこで、ここでは結婚式費用がなくて挙式ができないと諦めている人のために、結婚式費用の節約のアイデアや、リーズナブルに式のあげられる会場など、少ない費用で結婚式が行える方法について紹介していきます。